ミニマリスト

断捨離を実践することで得られる3つのこと

断捨離について色々調べているとお金持ちになれるとか幸せになれるとか情報が沢山ありますよね。

この記事では、そんな記事に影響されて実際に部屋の断捨離をした僕が断捨離前と断捨離後の心境を述べていきます。

どうも、はせさん@hasesan00です。

本日もブログ閲覧いただきありがとうございます。

最近何かと断捨離に関する話題が多いですよね。

特に最近流行の

必要最小限のモノだけで生きていく。」を提唱するミニマリストの生き方

に憧れる方は多いのではないでしょうか

(ちなみに著者はどちらかと言えばミニマリスト寄りの人間です)。

 

このような流行がある中で、

「断捨離したことで人生が変わった。」

ですとか、

「断捨離したことによって自分のやりたいことが分かった。」

という口コミを見ることも多くなりました。

しかし、実際のところどうなんだろうって思ったことありませんか?

今回は私が断捨離したことによって、

変わったことや良かったことを私の体験談からお伝えしていけたらな

と思っております。

まず、簡単に私の紹介を軽くしていきたいと思います。

断捨離を実践する前の僕

私が断捨離する前に住んでいた部屋はとにかくモノが部屋に溢れていました。

具体的には、

大量の洋服で引き出しが開きにくくなってたり・・・

洋服が引き出しに押し込まないと入らなくてうざかった記憶があります;

本来置くべき場所ではないところにモノが置いてあったり・・・

6畳あるはずが不要なものが置いてあるがために4畳くらいのスペースしかないように思えたり・・・

1畳あたりの値段を考慮したら2畳分の値段を失っていることになりますよね。

何故かハンガーが床に落ちてたり・・・

みたいな部屋に住んでいました。

ですが、

会社の退職がきっかけで断捨離に踏み切ることが出来ました。

当時の私は、メンタルが不調だったこともあり、

とにかく何かを変えたい!

モノを減らすことで心を浄化して新しく人生をやり直したい!

という想いで必死でした。

ですが、実際に断捨離をしようと思うとなかなか捨てられなかったりしますよね。

そのような時、私は自分ルールを作ることで解決していました。

詳しくはこちらの記事にまとめましたので興味があればご覧ください。

→ 断捨離時の捨てられないジレンマを乗り切るためにしたこと

このようなジレンマを乗り越えて得たことを以下に綴っていきます。

断捨離を実践したことで得られた3つのこと

1. 目的を中心とする考え方

断捨離をする前の私は、

人生はモノを手にいれること(食事をする、洋服を買う、趣味に使う商品を買う、人と交際する・・・など)が重要でありそのために人はお金を稼ぐ

と考えていました。

しかし断捨離をしてからは、

モノ自体に価値があるのではなく、何のためにモノを手にいれるかが重要である

ということに気づきました。

例えば食べ物を買う理由は、

空腹を満たすためですとか満足感を得るため

という人がいます。

また、洋服が欲しい理由は、人の価値観にもよりますが

生活する上で必要なためという人もいれば自分を表現するため

にという人もいます。

このようにモノを買うことそのものに重きを置くのではなく、

モノを買う目的に重きを置くことでモノに対する価値を見出すこと

ができるようになりました。

そしてこの考え方は私の人生観にも影響を及ぼしています。

例えば、

・ 仕事をする時は何のためにその仕事をするのかを考える

人付き合いする時は何のためにその人と付き合っているのかを考える。

ただ周りに流されて生きるのではなく、何のために生きたいのかを考える。

というように、断捨離を実践することで、

この仕事をしたい/人と付き合いたい/生きたいといった”結果”ではなく、

何故この仕事をするのか/何故この人と付き合いたいのか/何のために生きたいのか

といった目的を中心に物事を考えられるようになりました。

2. 時間

断捨離をする前の私は、モノを失うことを極度に恐れていました。

いわゆる貧乏性という奴です。

でも今だから言えることですがモノを捨てるか捨てないか迷っている時間って非常に勿体無いんですよね。

どういうことかと言いますと、

捨てるか捨てないかを迷えば迷う分だけ時間を失う

わけです。

時間を失えば機会損失に繋がります。

つまり、迷えば迷うほど

挑戦するチャンスを失ってしまう

わけです。

だから私は、

「これからも使うかもしれない。」

ですとか

「捨てたら後悔するかもしれない。」

という考えを捨てて

「今この瞬間に自分がどう感じるか。」

を考えるようになりました。

 

断捨離することで、このような考え方にシフトすることができ、

断捨離する前よりも今この瞬間を生きることができる

ようになります。

言い換えれば、時間を手に入れることができるのです。

3. 自己理解

断捨離する前の私はモノをたくさん所有しており、いずれも

「重要なモノ、いつか使うモノ」

だと思い込んでいました。

しかし、実際に断捨離してみると、

残ったモノは自分が思っていた以上に少なかった

んですね。

そのおかげで自分にとって重要なことはノを買うことよりも、

何かを残すこと(詩や音楽アルバムを作る、プログラミングの勉強をする、多くのことに挑戦し経験する・・など)

なんだと気づくことができました。

だからこうしてブログを立ち上げて自分の考えや思いを発信することや自己投資に注力することが出来ていると実感しています!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んだ読者の皆さんが、断捨離を実践することで、

人生の本質、時間、自己理解の3つを手にいれることができることを願っております。

最後に、考え方を要点別にまとめていきます。

断捨離を実践したことで得られる3つの考え方

1. 目的を中心とする考え方

断捨離を実践すると、

モノを買うことそのものではなくモノを買う目的を自分自身に問いかける

ことで目的を中心とする考え方が身につく。

 

2. 時間

モノを残すか捨てるかを迷った分の機会損失を防ぐことで手に入る

 

3. 自己理解

モノを買うことよりもモノを使って自分が何をすると幸せかが理解できる

ABOUT ME
はせさん
理系大学を卒業後、設計開発エンジニアとして企業に就職するも自分の生き方に疑問を持ち1年で退職。現在は、日本一周に向けて準備中。
RELATED POST