就活/転職

僕が学生時代の僕に伝えたい大学生の内にやっておくべきこと

学生さんの中には、

学生時代に何をやっておけばいいか分からない

という方は結構多いのではないかと思います。

実際、僕が大学生時代には、

学生
学生

「何をやっておけばいいのか分からなくて、気がつけば何をやっておけばいいか分からないまま大学3年生になってしまいました!

もうすぐ就職活動の時期ですが、何をやっておけばいいですか?」

という質問を就職活動の時期に大学のOBへ質問する学生が見受けられました。

その時のOBの返答は、

OB
OB

「社会人になると遊べなくなるから大学生の時は遊んでおいた方がいいよ!」

なんていう無責任な回答をする方が多かったです。

転職クマ
転職クマ
でも当時の僕はこれが無責任だとは思えませんでした…。

そこで今回の記事では、理系大学出身の僕が、学生時代の僕に伝えたい学生時代にやっておくべきことをまとめていきたいと思います!

転職クマ
転職クマ
就活中の大学生じゃなくても参考になると思いますので是非拝見してみてくださいね!

学生時代にやっておくべきこと

結論からいうと、

頑張れる仕組みを整える

ことをやっておきましょう。

何故こう思うかというと

人生がうまくいってる人間はうまくいっていない人間に比べて頑張れる仕組みが整っているから

です。

これは、学生の皆さんが就職活動をしたり、社会人になる中で、気づかされると思います。

学校の先生や親は、このようなことは教えてくれません。

だから僕は、社会人になって初めて世の中の不平等とかに気づきました。

その中で、人生がうまくいく人間とうまくいかない人間の両者の違いがなんなのかに気づきました。

それは、

人生がうまくいく人間はうまくいかない人間に比べて頑張れる仕組みが整っている

ということです。

身近な例でいえば、家庭環境が挙げられます。

家庭に頑張れる仕組みが整っていたか否かによって子供の成長具合は大きく変わります。

極端な話、裕福な家庭で愛されて育った子供と貧乏な家庭で愛されずに育った子供では、前者の方が頑張るに決まっているんです。

何故なら、頑張れる環境が整っているから。

このようなことを述べると、

貧乏な家庭で育った子供だって頑張ってる子はいる

と思われるかもしれませんが、

それは、貧乏を補う程の頑張れる環境が整っていたということです。

それくらい環境が人に及ぼす影響は計り知れません。

このように、生まれた瞬間にハンディギャップを背負わされてしまう世の中ですが、

自分でもやる気があれば何かしら頑張れる仕組みを整えることはできます。

そして、それは学生時代の内の方がよく、年齢を重ねれば重ねるほど難しくなるでしょう。

では、その方法について述べていきます。

頑張れる仕組み作り

ここからは頑張れる仕組み作りについて方法を述べていきます。

断捨離

このフェーズは最初にして一番重要です。

例えばの話、装飾が済んだクリスマスツリーに装飾してと頼まれても無理ですよね?

恐らく、装飾を取った後にオリジナルの装飾をすると思います。

このイメージを大切にしてください。

まず、あなたの部屋のものを断捨離しましょう。

断捨離の方法は、

断捨離時の捨てられないジレンマを解決する方法

という記事を参考にしてください。

それを終えましたら、人間関係の断捨離をしましょう。

人間関係の断捨離における基本的な考え方は、

ネガティブエネルギーを持つ人間から離れる

ということです。

人間関係の断捨離に関する詳細は、

僕が人間関係に悩む人に対して人間関係の断捨離を勧める理由

という記事をご覧ください。

なお、ここでいう人間関係の断捨離は家族も含まれます。

縁を切れとまでは言いませんが、

ネガティブエネルギーが強い場合はなるべく離れた方がいい

です。

転職クマ
転職クマ
例えば、何かしようとする度に否定されたり拒絶されるなら危険信号だくま!会話する頻度を減らすとか家に滞在する時間を減らすとかしましょう。

最後に、情報のプチ断捨離をしましょう。

例えば、スマホを2日間触らないなどです。SNSを利用している方は、特にこれはおすすめです。

また、SNSを利用している方は、フォロー断捨離をするとより次のステップからの効果が絶大だと思います。

フォロー断捨離に関する詳細は、

SNSで孤独を感じる人に僕がフォロー断捨離を勧める理由とその方法

という記事を参考にしてください。

瞑想

断捨離を終えたら、瞑想を毎日行いましょう。

瞑想は、目を閉じて静かに考えたり、眼前の世界を離れてひたすら思いにふけることで、リラックス効果や心の整理ができると言われています。

転職クマ
転職クマ
僕も毎日取り組んでいるよ!

よく、行動してからマインドを整えるという意見もちらほら拝見しますが、あまりおすすめしません。

この理由は、ヒンズー教の教えを参考にしているからです。

ヒンズー教には以下のような教えがあります。

が変われば 態度が変わる。
態度 が変われば 行動 が変わる。
行動 が変われば 習慣 が変わる。
習慣 が変われば 人格 が変わる。
人格 が変われば 運命 が変わる。
運命 が変われば 人生 が変わる。

これは、「人生が変わる」までの6つのステップを示したものです。

この考えでは、人生を変えるためにはまず心を変えなければならないと考えられています。

つまり、心が変わらなければ人生が変わるためのステップが動き出さないことを意味します。

だから、心を変えるために瞑想をしましょう。

瞑想についてはこちらのリンクを参考にしてみてください。

→ 寝る前にできる瞑想のやり方! 初心者でも瞑想を正しく行うコツ

筋トレ/有酸素運動

瞑想を終えたら、筋トレ/有酸素運動を習慣化させましょう。

これも心や態度を変える効果的な方法の1つです。

筋トレや有酸素運動には瞑想と同様に脳のリラックス効果が期待できます。

なのでジムに通ってみたり、ランニングや水泳などの有酸素運動を定期的に行うなどをしてみましょう。

筋トレや有酸素運動については以下のリンクを参考にしたので是非参考にしてみてください。

筋トレについての参考リンク → 筋トレの”全て”が分かる|トレーニング初心者が見るべき筋肉の鍛え方ガイド

有酸素運動についての参考リンク → 【家で出来る有酸素運動】ダイエットにも効果的な室内トレーニングとは

ビジネスや自己啓発に関する本を100冊読む

ビジネスや自己啓発に関する本を100冊ほど読みましょう。

ビジネスや自己啓発でなくてもいいと思いますが、

なるべく人の経験や生き方に関する本の方がいい

と思います。

何故なら、

日本という国は1つの生き方を押し付けてくる国だから

です。

国が提示する常識に囚われてしまうということは、

生き方に制限をかける、すなわち自分の可能性を狭める

ということになります。

だから、ビジネスや自己啓発に関する本を100冊ほど読みましょう。

そうすることで、

今まで培ってきた常識は常識ではないことや世の中には様々な考え方があること

を自覚してください。

また、

会社員以外の色々な生き方や経験を知ってください。

そして、

その上で自分が何者になりたいのかを真剣に考えるようにしてください!

行動の目的化

最終ステップです。

行動を目的化してください。

このように言うと疑問を持たれるかもしれませんが、例えば数学という授業がありますよね?

この数学という授業を何のために受けるのかを考えるようにしてください。

何故行動を目的化するかというと、

行動の目的化が出来るようになると、自分にとって必要な選択と不要な選択が解るようになるから

です。

その結果、

選択を迫られた時に時間が掛らなくなる

ため、すぐに行動に移せるようになります。

そして、できれば不要な選択肢はなるべく捨ててしまいましょう。

例えば、

分が目的化する中で不要だと思う授業は出席せずに目的を達成できるものにのみ力を注ぐ

ことを意識してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

色々語ってきましたが、簡潔にまとめてしまえば

何かをただ頑張るのではなく、頑張る仕組みを整えてから頑張った方がいいよ

ということに気づいて欲しいということです。

僕はこれが出来ずに失敗しました。

…というか、失敗したからこの考え方に気づきました。

今回述べた頑張る仕組みの整え方は、ほんの一例に過ぎません。

皆さんが思い描く頑張れる環境を作ってみましょう。

そうすれば確実に人生変わると思います。

最後になりましたが、もしこの記事が

学生だけど学生時代にやっておくべきことがわからない

という人の参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
はせさん
理系大学を卒業後、設計開発エンジニアとして企業に就職するも自分の生き方に疑問を持ち1年で退職。現在は、日本一周に向けて準備中。
RELATED POST