ポジティブシンキング

人生がうまくいかない時だからこそ心がけると幸せになれる7つのこと

突然ですが、皆さんは今幸せですか?
あなたがこの記事に辿り着いたということはもしかしたら

うまくいってなかったり、
理不尽な目に遭っていたりするのかもしれませんね。

僕もそんな時期がありましたが、この記事に書く7つのことを心がけたら以前よりも幾分か幸せを実感できるようになり、今も心がけています。

この記事では、その内容について綴っていきます。

どうも、はせさん@hasesan00です。

本日もブログ閲覧いただきありがとうございます。

突然ですが、皆さんは今幸せですか?

あなたがこの記事に辿り着いたということはもしかしたらうまくいってなかったり

理不尽な目に遭っていたりするのかもしれませんね。

僕にもそんな時期がありました。

いじめに遭ったり孤独を感じていたり生きている意味が分からなかったり・・・。

でもなんとか自分を変えたい、人生を変えたいと思い、いろいろ試行錯誤しながら行動してきましたが、多くの失敗を重ねてきました。

こうしたらよくなるんじゃないかと思って行動してみたらかえってうまくいかなくなってしまったのです。

そして気づけば負のジレンマに陥っていました。

あるとき、駄目もとで失敗した時にとっていた行動と逆のことをやってみることにしました。

するとどうでしょう。

世界の見え方が変わったんです。

そしてある結論に辿り着くことができました。それは

 

幸せは自分の思考が決めるもの

 

ということです。

 

今回は、読者の皆さんが幸せを掴むことができるように考え方やマインドをお伝えすることで皆さんに幸せへの後押しができたらなと思っております。

1 「何故自分ばかり」思考をしない

今までの自分はいつも

「どうして自分ばかりがこんな目に遭うんだろう。」

とか

「どうして幸せに生きていけないのだろう。」

何故何故思考ばかりをしていました。

でもこれじゃあどう考えてもうまくいきませんよね。だって

疑問からは疑問しか浮かばないから

です。

疑問は

誰かに質問したりあるいは疑問を元に自分が仮説を立てて検証していくことによって

本来の価値を見出します。

つまり、疑問だけを唱えていても何も変わらないんです。

だから自分は「何故自分ばかりがこんな目に遭うのか。」ではなく、

「自分ばかりがこんな目に遭うのは○○だからだ。」

と仮定してそれらの解決方法や解決できない要因などを紙に書いていくことにしました。

そうすることで原因と今後の道筋が見えてきます。

※具体的に行った作業内容を記事にまとめたので興味があれば是非閲覧して見てください。

僕が悩みごとの原因と解決方法を知るために実践したこと

2 他人のせいにしない

これ、よくやってしまいがちですよね。

嫌なことや理不尽なことがあると親や先生、上司、会社のせいにする。

自分も昔はその一人でした。

でも、物事を複雑にしているのは紛れもなく自分なんです。

そして、そう思えない限り何も変わりません。

どういうことかと言いますと、例えばパワハラが日常的に行われている職場にいるとします。

あなたは上司や会社に不満を抱いていたとします。

この時、あなたならどう思いますか?

上司や会社がいけないんだ

と心の中でぼやき続けますか?

それでは現状は変わらないでしょう。何故なら、

上司や会社を変えることはできないから

です。

じゃあ、どうすればいいのでしょうか。

答えは簡単です。

自分のせいにしてしまえばいいのです。

・ この会社を選んだ自分が悪い

・ この上司にハッキリと物申せない自分が悪い

するとどうでしょうか。

・ この会社を選んだ自分が悪いのなら環境を変える

・ 上司にハッキリと物申せないのなら小さな仕事を断ったり小さく言い返したりしてみる

と行ったような解決方法を見出すことができます。

解決方法を見出すことが出来れば行動を起こすことができます。

行動を起こせば人生は変わります。

最初はしんどいかもしれませんが小さなことからコツコツと取り組んでみましょう。

3 自分の心の声に耳を傾ける

うまくいっていないときは多くの場合、自分のことがよく分かっていない場合が多いです。

これは

・ 本当は嫌だったけど、相手に嫌われたくないが故に受け入れてしまった

・ 自分はこの人より立場が弱いから我慢しなければならない

・ 挑戦したいけど笑われるからしない

のような自分自身の潜在意識から形成されたものである場合がほとんどだと思います。

このように世の中に対する自分の思い込みがいつの間にか

本来の自分でいたいけどそれは難しいからやめておこう

に変わってしまい、自分のことがよく分からなくなってしまうのです。

だから一歩ずつ小さな変化に慣れていきましょう。

それには自分の心に自分がどう在りたいかを問い続ける必要があると思います。

僕は以下の本を参考にしました。

参考本はこちら →    嫌われる勇気

4 笑顔でいる

笑顔は不思議なものだと思います。

私が仕事をしていた頃の話ですが、仕事上の受け答えや話し合いの場で笑顔を心がけていると不思議と周りの方々から

「仕事が楽しそうで羨ましいなあ。」

と言われることがありました。

その方は自分の仕事が面白いと感じておらず仕事をする理由はお金のためと考える方でした。

本音を言うと、自分も仕事を楽しいとは微塵も感じてはいませんでした。

でも、笑顔を心がけていることで相手からは

「仕事が好きな人なんだろうな。」

と思われます。

人は好きなことを取り組んでいる人に仕事を任せる傾向があるので

自ずと人から頼られたり慕われるようになります。

すると今まで楽しくなかったことが楽しくなってきます。

この循環が大事です。

だから、もし現状に満足していない方は笑顔を心がけてみましょう。

5 情報収集する

不満がたくさんあって現状に満足していない。

だけど、

変化や挑戦をすれば失敗した時にどうなってしまうのだろうか

という底知れぬ不安や何かを変えようにも何をしたらいいか分からないという疑問がありました。

そこでインターネットや本を使ってなりたい自分に近づくために必要な知識や情報をインプットすることを心がけました。

すると少しずつですが不安や恐怖が薄れていくことを実感することができました。

例えば、

・ 会社を辞めたら収入が無くなる

・ お金が無くなればまともに暮らしていけない

と思ったことがありますが、

・ 空家を100万円以下で購入することができること

・ 住み込みの仕事があること

・ ランサーズで仕事を受注したりUberEatsを使用してお金を稼ぐことが可能

などを知りました。

このような情報を知ってからは未来のことを不安に思うことは無くなりました。

見栄やプライドを捨てて多くの情報に触れることが大切です。

6 感謝する

どんなときも感謝を忘れないように心がけました。

感謝の多くは困りごとや問題ごとを解決することによって生まれるものだと思います。

あなたがもし相手の困りごとや問題ごとを解決してその対価に感謝されたら

どう思いますか?

きっと

「また相手の困りごとや問題ごとを解決したい。」

と考えますよね。

つまり、感謝を述べていれば人から助けられるようになります。

だから自分の身の回りの人に対して感謝を忘れないようにしましょう。

感謝を述べる時に注意することは、心の中ではそう思ってないけど表向きは感謝していると思わないようにすることです。

不思議なことですが、言葉だけ感謝していても心の中で感謝していないときは、

人に見透かされます。

「本当はそんなこと微塵も思っていないですよね?」って。

だから心の底から感謝してみましょう。

参考本  →  自分の小さな「箱」から脱出する方法

7 大丈夫、なんとかなるさと言い聞かせる

変化するときは必ず孤独が付きまといます。

そんなとき、唯一味方でいられるのは自分だけです。

思い込みましょう。

自分なら大丈夫、自分ならなんとかなる

なりたい自分が在るのなら最初から名乗ってみるのもいいと思います。

自分は○○である

最初は笑われることもあるかも知れません。

自分なら大丈夫

そんな風に自分を味方につけましょう。

自信がついてきますし行動力があがります。

行動しなければ逆境から抜け出すことはできません。

だから自分に言い聞かせましょう。

自分なら大丈夫、なんとかなるさ。

最後に

いかがでしたでしょうか。

もし皆さんが今の現状に満足していないのなら、どうかこれらのことを参考にして頂けると嬉しいです。

自分もまだまだ人生という道の途中にいて、この道を歩くからには

逆境は避けてはとおれないもの

だと考えています。

でも、

考え方やマインドセットを怠らなければどんな困難でも乗り切ることができる

そうやって自分自身を信じるようにしています。

何故なら

自分の味方は自分しかいない

から。

どうかこの記事を読んだ皆さんに幸せが訪れるように祈っております(^ω^)

ABOUT ME
はせさん
理系大学を卒業後、設計開発エンジニアとして企業に就職するも自分の生き方に疑問を持ち1年で退職。現在は、日本一周に向けて準備中。
RELATED POST